ちゃんと理解してる?インターネットを利用する時のプライバシーの守り方


SNSを利用して情報を発信する時の注意点

携帯電話やパソコンの普及と共に利用者が増加しているサービスの一つにSNSがあります。ソーシャルネットサービスの略称であるSNSは、日々の生活や情報を気軽に発信して世界中の人とコミュニケーションを取れるのが特徴です。しかし、使い方によっては個人情報が漏洩してしまうこともあるので気を付けなくてはなりません。中でも特に注意すべきポイントが画像の掲載です。

日常生活で当たり前に使用している携帯電話の多くは基本機能として衛星を利用して自身の現在地が確認できるGPS機能が搭載されています。本来この機能はルート検索を始めとしたナビを使用するための機能ですが、携帯電話で写真を撮影した時の場所も記憶してしまうことがあるのです。この記憶されたデータは他の媒体からでも読み取ることができるため、第三者でも撮影場所を特定できます。そのため、携帯電話で撮影をする時はGPS機能をオフにしておくことが大切です。

安全に使用できるようにパソコンの設定を変更する

時代の移り変わりの中でパソコンは身近な物となっていますが、ここにも気を付けるべきポイントがあり、その一つが情報の記憶です。ネットを利用する上で必要不可欠となるブラウザには閲覧履歴やパスワードの記憶などの便利な記憶が備わっています。しかし、こうした情報はハッキングなどの被害を受けた時に盗まれてしまうこともあるので注意が必要です。安全にパソコンを使用するためにはその都度履歴を削除したり、重要な情報をパソコンに記憶させないといった対策が大切です。

個人情報や会社の機密情報を粉々に裁断してくれて、情報漏洩というリスクを防いでくれるのアイテムがシュレッダーです